おませこの今 ビジネス

嫁・奥さんに起業・副業・ビジネスをすることを反対されてる人へ

アドセンス

どうも、高寺です。

おませこ会員から成果報告が今月も続々と届いてる。

以下、Aさん(仮)の日記の内容(一部抜粋)。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

5月分と6月分の収支報告をまとめます。

やっと一日のPV数が20000弱くらいで推移するようになりました。

運営ブログは2つ。運営期間はそれぞれ320日と135日のもの。

アドセンス

添付画像の「先月」=5月分で、「今月」=6月分です。昨日の日付が変わる直前にスクショしたものですので、収支に若干のずれがありますが。

6月のアドセンス収支でようやく嫁の月収を超えることができました。

(これは嫁に対する私のささやかな抵抗。本人には言いません。)

次は自分の本業の収入を超えていきたいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

サラリーマンをやりながら、月20万円の収入はでかい。

ただ、お金を稼ぐっていうのは、ただただビジネスに集中すればいいっていうものでもない。そりゃあビジネスだけに集中すればいいという環境に身を置いてる人はいいけど、みんながみんなそういうわけにもいかないのが現実。

「何かを得ようと思えば、それと同等以上の対価を支払わないといけない」

これが大原則。

 

Aさんもそう。

 

「自力でお金を稼げるようになった!けど、その一方で失ったものは大きい気がする・・・」

そんな投稿をおませこ専用SNSの日記に成果報告とともにアップしてくれた。

 

生々しくって、その全文はさらせないんやけど、要約すると、、、

Aさんは結婚しててお子さんもいるんだよね。

で、ブログビジネスに熱中するあまり、奥さんが出て行ってしまったらしい。いわゆる、別居。

結果的には、出て行った3ヶ月後に戻ってくることにはなったようだけど、「自分が悪い」って反省してたよ。

 

でも、収入を上げようとするのは、家族を守るためだからね。嫁にも理解して欲しい。ってのが正直なところ。けど、現実はそうじゃないんだよね。

「起業とかビジネスなんて、そんなリスクあることをやるなんて信じられない!」

「昼間も会社で仕事、帰ってもパソコンで仕事・・子供ほうったらかしで信じられない!」

「まさか、あなた会社を辞める気じゃないでしょうね?そんなこと、絶対許さないからね!」

なんて言われてしまう。

 

会社で一生懸命働いても満足のいく給料はもらえない。年功序列なんて時代ではないから、会社に行ってりゃあそのうち給料も上がっていく。なんてことはない。

「ジリ貧」

それが日本の労働事情。

 

だから、副業してるんだけどね。がんばって。変えようと。

けど、なかなか奥さんや親、家族には理解されない。特に、差別する気はまったくないけど、女性はそうなんだよ。やっぱり、男性に比べて制限される部分ってのが多いし、仕方がない。

守るものが出来ちゃうと余計に変化には過敏に反応しちゃうしね。

 

俺も2013年「仕事辞めて、独立する」って言うたら、親には怒られた。もうすんごい剣幕でね。洗濯物とかいっぱい飛んできたよ。

けど、今はもう何も言われない。

なんでかって、結果を出したから

 

結局は、稼げば何も言われない。

あれほど、「ダメだ!」「無理だ!」「リスクだ!」って叫んでた周りの人間もそんなことは無かったように黙る。

で、いきなり褒めだす。急に、手のひらをかえす。

そんなクソしょーもない生き物なんだよね。人間って。

 

けど、結果を出さずにピーチクパーチク騒いでも、誰も聞いてくれない。「なんかバカが夢が語ってるわ~」ってもんだ。

でも、そんなん悔しいよね。そんなまま、終わるのって。

 

だから、諦めずにやること。

たとえ、今犠牲にするものがあったとしても、結果を出せば最終的には手のひらをかえす。だから、頑張って欲続けて欲しい。

もちろん、積極的に家族に犠牲を強いろ。とは言わない。過度に仕事に傾倒しすぎると、取り返しのつかない状況になりかねないからね。

 

けど、何かを得ようと思えば、何かを捨てなきゃいけない。

寝る時間を削る、仕事を休む、家族との時間を削る・・・家族持ちが人生を変えようと思ったら、やっぱり必要だね。

できる限り、奥さん家族の理解を得て欲しいとは思うけど、やるしかない。結果を出すために、ただひたすら時間の許す限り、力の限り、頑張るしかない。

人生を変えるために、家族を守るために、あきらめずやり続けて欲しい。

 

ps

Aさんはちゃんと向き合って話し合ったんだろうね。結果的に奥さんは戻ってくることになって、良かった。

2018.07.01

おませこの今